冷え性と低体温の違い

女性に多いと言われる冷え性の他に低体温症があります。

冷え性と低体温症は何が違うのでしょうか?

冷え症は、体温に関わらない

冷え性は、夏でも冬でも異常に冷えを感じてしまう状態です。夏でもしもやけになる、靴下が欠かせないなどが特徴です。しかし、体温は正常であるのも特徴です。

冷え性は手足などの末端の冷えが特徴です。手足の血管が収縮したりすることで、血液の流れが悪くなることで引き起こされます。

冷え症の原因

冷え性は、血行が悪くなっている状態です。

血行不良が続くと血管が収縮して、手足の先が冷えていきます。

運動不足により、筋肉量が減り、熱を上手く作ることが出来なかったりするのも原因であります。また体温調節を担っている自律神経がストレスにより影響を受けると冷え性となる場合があります。

低体温は、自覚しづらい

私たち人間の皮膚体温は、36.5度程とされています。そして、体内温温度は37.2度となり、生命力が最も活発になる体温であり、細胞の新陳代謝も最も活発に行われる体温です。

しかし、低体温の体内温度(内臓温度)は35度以下とされ、皮膚温度はそれよりも低くなります。

体の内部、体全体が冷え切る為、低体温症だと自覚しにくいのが特徴です。

体温が低いと細菌感染のリスクが高まったり、免疫力が落ちて、ケガや風邪、傷が治りにくくなったりしていきます。また体内温度が低いと酵素の働きが低下する為、代謝が落ちて、太りやすくなる場合もあるのです。

低体温の原因

低体温の原因は主に生活習慣にあると言われています。

食べないダイエットで、ミネラル、ビタミン不足により、熱やエネルギーを作ることが出来ない状態です。これにより体温は上がらず、体は冷え切っていきます。

また冷房の冷たさに慣れ、温度差を感じなくなってくると代謝が低下して、汗をかかなくなると低体温症となっていきます。

その他にも運動不足、ストレスも引き金です。特にストレスが起こるとアドレナリンが分泌されて、血管を縮め、血行を妨げてしまいます。また血液中のコレステロールや中性脂肪を増やして、ドロドロの血にさせてしまいます。

このように冷え性と低体温は似ているようで似ていないものです。

しかし、無関係でもないように思います。

低体温になれば冷え性になりやすくなりますし、冷え性になれば低体温にもなりやすくなります。特に冬は低体温や冷え性になりやすい時期ですので、体を冷やさないようにしっかりと対策を行ったり、生活習慣を改善するなどが大切です。

このページのトップへ