夏に起こる冷え性とは?

近年、夏に冷え性を発症させてしまう方が増加していると言います。

その背景にはどんなものがあるのでしょうか?

夏の冷え性の背景(1)エアコン

夏の冷え性の背景に現代に普及したエアコンがあります。夏でも冬でも冷暖房を使用することが多くなったことで、体温調節機能を担っている自律神経が乱れやすくなります。

夏は特に汗をかくことも多くなる時期です。汗をかくことで、人は体温を調節することができます。また体内の老廃物を体外へ排出したりします。しかし、冷房が効いたところにいると汗をかく機会は失われていきます。そして、体内に老廃物が蓄積しやすくなり、血液の流れが滞っていくのです。

夏の冷え性の背景(2)冷えた食べ物、飲み物

夏は冷たいビール、ジュース、お茶などの飲み物が特に美味しく感じられる季節です。

氷をたくさん入れて飲むという方も多いのではないでしょうか?

しかし。これらの飲み物を大量に飲めば身体が冷えすぎてしまいます。

またカキ氷やアイス、冷麺など冷たい料理も夏になると食べることも多くなるかと思いますが、冷え性の方はたくさん摂取しすぎると悪化する恐れがありますので注意しましょう。サラダなど生野菜も身体を冷やしてしまうので、温野菜にしたり工夫が必要です。

夏の冷え性に多い症状

夏の冷え性の症状に多いのが手足の冷えやしびれなどです。

また腹痛や生理痛、肩痛、腰痛、頭痛、集中力の低下なども夏の冷え性に多い症状です。

他にも冷えた食べ物や飲み物を過剰に摂取した場合、頭が重い、身体がだるいと感じやすくなったりします。いわゆる夏バテが症状として現れるようになります。この為、冷え性から来ている症状だと気づかないことがあります。

冷え性を放置すると慢性化して、身体の不調は徐々に悪化していきますので、なるべく早めの対策が必要になります。

このページのトップへ